私がベトナムで医療通訳兼看護師として働いている理由

私は日本の某大学病院を退職した後、国境なき医師団で正看護師として働こうかと思っていた時期がありましたが、経験者の方の話を聞いて、単に海外で働きたいと考えている私にとっては荷が重すぎるように思えたため断念しました。
海外で働きたいという気持ちは変わらなかったので、好きな東南アジアで働けたらと思い、タイ・ベトナム・カンボジアの人材紹介会社へ登録しました。タイミングがよくなかったのか、すぐには仕事が見つかりませんでした。
日本にいてもすることがないので、英語を勉強しようと思いフィリピンへ語学留学に行きました。留学生活が2ヶ月目を迎えたある日、立て続けにベトナムとタイの別々の人材紹介会社から仕事の紹介メールが届きました。
内容を読むと、ベトナムは看護師、タイは医療通訳でした。
どちらも直ぐに返答したところ、直ぐに折り返しがあり一次面接はスカイプで行いました。

ベトナムは、日本の看護師の資格を持っており5年以上の経験があれば看護師として働く事が可能との事でした。業務内容は医師のサポートがメインとの事でした。(私が医療通訳士の資格を持っている事をアピールしたので医療通訳も兼業してほしいと言われました。)通常の給料は2500ドルスタートなのですが、医療通訳も兼業するという事で2700ドルと言われました。

タイは、外国人を看護師として雇用する場合はタイの看護師の国家資格(タイ語で受験)を保持していないと働けないようで英語がどんなに話せても日本でキャリアがあっても医療通訳としての採用となる事を告げられました。しかし、仕事の内容は医療通訳だけとは限らず、看護師や医師のサポートをする事があるとの事でした。それで給料は1800ドルからのスタート。

結局、給料だけでなく待遇面もよかったのでベトナムで働く事を決めました。

最後に医療通訳や看護師の仕事を紹介してくれた人材紹介会社は下記の2つでした。
日本ですと看護師不足と言われますが、海外だと規模が決まっている分、外国人(日本人を含む)の看護師の求人需要は多くはないようなのでタイミング次第なのは否めないと思いますが、リンクを貼っておきます。

ベトナムで看護師の仕事を紹介してくれた人材紹介会社:キャリアリンクベトナム
タイの人材紹介会社が医療通訳を紹介してくれました:A-Link Recruitment

ここに訪問してくれる人は海外やタイ・ベトナムの看護師や医療通訳を探している人たちばかりだと思うので、ぜひ登録の参考になればと思います。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です