ベトナムで外国人として仕事を探す方法

ベトナムは、東南アジアに位置する国で、公用語はベトナム語です。ベトナムで「外国人」としての雇用機会を探す時に役立つ資料を紹介します。

仕事探しに役立つサイトとツール
以下の全てのサイトを使ってみて、自分に合ったメールやアプリケーションツールを活用してみてください。

・ジョブストリート: 1995年から歴史を持つ、アジアの主要なジョブウェブサイトで日系企業の求人よりもベトナムや日系企業以外の仕事を探すのであれば良いと思います。英語がビジネスレベル以上で使えないと仕事はありません。
・キャリアリンクベトナム: 仕事の募集数の多さが特徴です。日系求人情報サイトなので、唯一日本語で仕事を探せるので日本人にとっては非常に使いやすいです。また日系企業が多いので英語に自信がなくても日本語がネイティブレベル以上であれば仕事を見つけることが出来ます。
・ラオドン: Lao Dongグループが運営しています。
・キャリアジェット: 多様な検索オプションが特徴です。

英語や日本語を教えるという選択肢
英語のネイティブスピーカーや日本語教師の資格があれば、英語や日本語を教えることも、ベトナムで働く選択肢の1つになります。 下記のサイトでは、英語教師や日本語教師に関連する仕事が掲載されています。

ESLエンプロイメント:英語教師の求人件数が最も多いサイトです。
トータルESL:更新がとても早く、最新の英語教師の募集情報を手に入れることができます。
ESLカフェ:ベトナムに限らず、世界中の英語教師の情報が載っています。
キャリアリンクベトナム:英語教師の情報はないですが、日本語教師の情報であれば数ある求人情報と一緒に掲載されています。

これらの情報を生かして、ぜひベトナムで働いてみてください。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です