感染症に対する電子監視システムの重要性

予防保健当局は、感染症を予防するために、ベトナム国内の病院に対して、電子機器を使用した疫病の監視を義務付けています。しかし、多くの病院が、感染症患者の報告を正確に行っていません。先週、予防保健当局は、HCM市で開催された、南部のデング熱に関する会議で、この状況を、深刻な事態として問題提起をしています。

BìnhDương 省予防保健センター感染症対策部のQuáchHoàngM Dr博士は、一部のデング熱の発生率が、昨年の倍になっていると報告しています。しかし、同一の患者を、複数の病院が報告しているため、実際の感染者数は少ないとも伝えられています。この混沌とした背景には、病院側が、デング熱を発症した患者の個人情報を、きちんと管理・把握できていない現状があります。

BếnTre州保健衛生センターの関係者によると、複数の病院が、患者の情報を間違えて報告してしまっているだけではなく、陰性の患者と陽性の患者の情報を取り間違えて報告しているケースもあったと伝えられています。

TiềnGiang Province予防保健センターの関係者は、電子機器による監視システムを通じて、感染症患者の情報を提供することは、完全に病院側の責任ではないと話します。
「忙しい病院は、電子機器による監視システムの複雑な更新に時間を費やせません。時には遅れて更新されていることもあります。」

一方、衛生・公衆衛生研究所のPhùngĐứcNhật博士は、感染症患者の情報を、電子システムを通じて報告する重要性を指摘しています。報告されたデータに基づき、感染症の予測と対処に、非常に役に立つと考えられているからです。

電子監視システムの欠点の改善を重ねることで、病院側の負担を減らし、感染症に対して、適切な対応が取ることができる、システムの構築の実現が望まれています。病院側のスタッフも、電子システムを正しく効率的に扱えるように訓練されるべきだという声も挙がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です