「就職・転職」カテゴリーアーカイブ

カントー(ベトナム)で活躍する日本の理学療法士

カントーに住む、Nguyễn Tuyết Hạnh さんは、日本人理学療法士の治療を受け、長い間苦しんでいた体の痛みから解放されました。この日本人理学療法士は、ボランティアで治療を行なっています。

巧みな優しい動きで、若宮あきこさん(漢字不明)(29)は、肩に傷を負った、61歳のHạnhさんの肩の可動性を改善する治療を行なっていました。

メコンデルタ市のカンテン市出身のHạnhさんは、ある日、肩の痛みが悪化し、カンテ・トゥン総合病院に行きました。病院の医師から薬を処方され、痛みが消えるまで、理学療法士であるあきこさんの元を訪ねていました。

昨年の5月以来、病院の理学療法科とリハビリテーション科で活動していたあきこさんは、Hạnhさんの初期診断を行い、Hạnhさんに痛みの性質について尋ねていました。 あきこさんは、彼女の話を聞き、彼女自身に合った適切な治療法を選択しました。

あきこさんは、日本国際協力隊(JOCV)と協力して、1965年から、開発途上国の技術援助を行っています。

診察中であっても、あきこさんは、フレンドリーな態度で彼女に接しながら、治療によって痛みが生じていないかどうかを丁寧にチェックします。

「あきこさんは、本当に熱心に肩の怪我を治療してくれています。自宅で簡単にできる体操のやり方も教えてくれて、色々と助かっています」とHạnhさんは話します。

同じ職場に務める理学療法士であるHà Thị Minh Châuさんは、次のように話します。
「彼女は、患者の痛みや怪我をきちんと把握して、適切な治療法を選択する経験がとても豊富だと思います」

例えば、あきこさんは、脊髄損傷を患っている患者に対して、歩き始められるようになった後、腕と手の力を回復させるために、テーブルの上にある物を取り上げるトレーニングを勧めています。

この方法は、理学療法士が大学で教わる手法ですが、あきこさんが働き始めるまで、現地の理学療法士たちが、実際に「手段」として治療現場で活用することは、ほとんどありませんでした。

Hà Thị Minh Châuさんは、あきこさんから学んだことについて、こう説明しています。
「私たちは、考え方を変えることにしました。まずは、患者を観察した上で、患者に合った手段を選ぶようになりました。そして、治療すると同時に、患者自身が、自発的に治療に必要なトレーニングを行い、彼らが、社会復帰できるよう支援することにも、力を入れていきたいと考えるようになりました」

日本のセントマリアンナ大学病院で、6年間働いていたあきこさんは、Hà Thị Minh Châuさん達に、靭帯損傷患者に関する手術前後の運動推奨のアドバイスを伝えていました。
「運動は手術後だけ、という概念があったので、前後というアドバイスは、私たちにとって、とても新鮮で、新しい情報でした」とHà Thị Minh Châuさんは話します。

理学療法士チームの責任者であるNgô Thị Lanhさんは、次のように話します。
「あきこさんは、非常に勉強熱心で、心を込めて治療活動を行なってくれています。同僚にも、とても友好的で、ベトナムの仕事や、生活条件によく適応してくれています」

あきこさんが、ベトナムを選んだ理由は、ベトナムという国が好きで、その国に住む人たちの医療の質を向上させたいという願いからでした。患者がより良い治療を受けて、早く回復してもらいたいとあきこさんは願っています。

あきこさんは、理学療法士としての活動についてこう説明します。
「理学療法は、脳卒中の患者や、手術を受けた患者の治療として重要視されがちですが、他の状態にある患者の合併症の予防にも役立ちます。ベトナムの気候は暑く、私には心地良い気温ではないですが、この国の病院で働くことが好きです。ここで働けて、十分に満足しています」

あきこさんが働く病院では、ベトナム人の同僚たちが、患者とのコミュニケーションに困らないように、あきこさんを支えます。時には、あきこさんの生活面もサポートしています。

JOCVは、ボランティアに対して、技術的な協力を通して得られるであろう、喜びや発見、創造の機会を、組織を通して提供しています。現在、JOCVのボランティア活動は、農業、林業、漁業、加工、維持管理、土木工学、公衆衛生、教育、文化、スポーツの分野に協力が提供されています。プログラムのボランティア(20歳から39歳)は、2年間の間、協力活動に携わり、地域住民と一緒に生活し、働きます。

JOCVは、1995年以来、全世界の地方と都市に、500人以上の日本人ボランティアを派遣しています。