「雑談」カテゴリーアーカイブ

「ベトナムに住む」ということ

ベトナムに住めば、アジアの真髄を味わうことができるでしょう。ベトナム経済は、戦争経験後、目覚ましく発展しています。かつての戦争と貧困のイメージが強い国ですが、今日では、観光地として人気が高まっていて、美しい田園地帯やビーチが人気を集めています。
ベトナムは、約329,500平方キロメートルの比較的小さな国です。国内には、54の異なる民族が住んでいます。この民族の中で、最も多いのは、全人口の86%を占めるキン族(純血ベトナム人)です。 国内は58の州に分かれていて、5つの地方自治体が存在します(ハノイ、ハイフォン、ダナン、ホーチミン市、カントー)

近年、海外からの人気も高まっていて、外国人が生活しており、働くための安全な国として知られています。比較的気候も穏やかで温暖、生活費も安く、活発な文化が人気を集めています。そして、インフラ整備も進んでいます。これらの長所と比較して、もちろん短所もあります。外国人から指摘される短所のトップは、公害です。汚染された煙の吸入を防ぐために、道路では、マスクを着用して暮らさなければなりません。そして、その原因となっている交通状況も指摘されています。大量の車とバイクで常に渋滞する交通網は、全世界で最も高い道路致死率を発生させています。

生活費は比較的低く、適度な支出で、非常に快適な生活を送ることができます。主要都市の高級アパートから郊外の控えめな住宅まで、予算に合わせて、様々な宿泊施設があります。

地元のバーやレストランでは、非常に低価格で食べることができます。西洋バーやレストランは、価格が高く設定されています。つまり、ビールとスピリッツはとても安いのですが、ワインはとても高価になっています。

ベトナム移住ガイドには、食、交通、学校と教育、その他の生活面の包括的なリストが掲載されています。言語は、ベトナム語(公用語)、英語(第二言語としての利用が増えている)、フランス語、中国語、クメール語などがあります。

気候は、南部の大部分が熱帯性気候で、北部はモンスーンがあります。

非営利の国際開発事業に関連する分野では、外国人の雇用機会が増えています。日本人の雇用に関してはキャリアリンクベトナムなどに掲載されています。ほとんどの仕事が、管理者を募集しています。

外国人は、ベトナムの運転免許証なしで、ベトナムで車を借りたり、運転することはできませんが、50ccまでのオートバイは、運転することができます。日本は問題ないですが一部の国は、ベトナムへの入国許可を受けていないので、自分の国がリストに当てはまるか、確認してみてください。

はじめに

こんにちは、私のブログに訪問して頂きまして有難う御座います。
このブログでは、ベトナムで医療通訳兼看護師として働く私”マサヨ”のこと、世界の医療の現場のこと、などなど私が気になることをいっぱい書いていこうと思っていますので宜しくお願いします。
更新頻度は、まちまちになるとは思いますが、私のことを知っている人もそうでない人も気軽にコメントをいただければ嬉しいです。