「ベトナム医療」タグアーカイブ

ベトナム兵士のヘロイン中毒を1人の医師が救う

医師である、Brian S. Josephさんは、幼少期から、人々を助けたいという気持ちを持っていました。人生において、他者の生活に何か肯定的な影響を与えたいと考えていたからです。

ある時、「会話」というコミュニケーションツールが持つ影響力を知って、Brianさんは、精神医学を学ぶ道を選びました。医学部に進み、E.J. メイヤー記念病院で働き始めました。その後、結婚し、一児の父となったBrianさんは、自分の研究分野が、いずれ「戦場」と結び付くことになるだろうということは、想像もしていませんでした。

当時、ベトナム戦争で多くの兵士たちが、ヘロイン中毒に陥っていました。この事態を、軍は重く受け止め、ヘロイン中毒の兵士が、自分だけではなく、いずれ仲間を危険に晒す可能性を持つだろうという危惧を感じていました。

Brianさんは、このように話します。
「ヘロイン中毒の兵士たちに対する懸念は高まるばかりでした。協力してくれる人がいるなら、彼らに対して、ヘロインの治療プログラムを開発しようと考えました。兵士自身が、前進したいという気持ちがあるなら、その背中を押すべきだと感じたからです」

名前: Dr. Brian S. Joseph
年齢: 75歳

出身: バッファロー
居住地:ウィリアムズビル

所属:陸軍
ランク:メジャー
戦争エリア:ベトナム

勤続年数:1970年10月〜1972年10月

功績:Bronze Star, meritorious service; Army Air Medal; Good Conduct Medal; and Vietnamese Government Civil Action Medal 1st Class

肩書き:航空医療士

Brianさんは、技術スタッフから乗務員のメンバーまで、様々な職種の兵士とともに働きました。どんな兵士であっても「ヘロインでハイになった状態では、任務を遂行するべきではない」という考えを持っていたとBrianさんは語ります。ヘロイン中毒の兵士に対するプログラムは、グループ療法で実施されました。Brainさん自身、そのプログラムが兵士たちに対して、どれだけの効果を持つのか、当時、把握できていませんでした。その後、Brianさんは、ベトナムでヘロイン中毒になった兵士の多くが、アメリカに帰国できていない事実を知りました。

Brianさんは、「なぜ、ヘロインを使うのか」と兵士に聞いたことがあります。その質問に、兵士の多くが「1年だけ空を飛べるような気がするから」と答えました。

多くの兵士が、ベトナムでの任務に、精神的に耐えられない状態が続いていました。その1年の任務の間、孤独感と苦しみに耐えようとして、ヘロインに手を出してしまう兵士が大半でした。Brianさんは、この苦しみに耐える代替方法を、彼らに何とか提供したいと考えていました。

Brianさんは、兵士たちに対して、仲間の兵士に「恐怖」などのネガティブな感情を隠さずに表現して、自分ができない部分を信頼して託すように促しました。そして、できる限り、母国の家族や恋人との繋がりを持つように、頻繁に手紙を書かせました。

Brianさんの開発したプログラムには、約200名の兵士が登録されていました。このプログラムには、軍の再建がかかっていたともいえます。直接的に感謝を伝えられたこともないものの、Brianさん自身は、そのプログラムに対する、兵士たちの何かしら感謝の気持ちを常に感じていたと話します。プログラム中であっても、メンバーの誰かが死亡した知らせを聞くことが、1番辛かったとBrianさんは話します。

「兵士である彼らの死は残酷です。地上で誰かに銃で射殺されて亡くなることもある。その場合、家族に死亡したと伝えるためには、何とか遺体や、その証拠になるものを探さなければならない。このような死と隣り合わせの環境は、とても辛いものでした。その間、幸せを感じれる瞬間もありました。私の妻から電話で、2番目の娘を妊娠したと聞いた時でした。とても嬉しかったし、同時にすぐ家に帰ることができないと気づきました。それでも早く帰って、娘の顔を見たいと思いました」

Brianさんは、軍に所属する医師として、多くの栄誉を授かりました。まるで映画のような風景に、Brianさん自身、とても感慨深いものがあったと話します。Brianさんは、ベトナムの任務を終えて、母国アメリカに戻り、ジョンズ・ホプキンス医科大学の精神科に勤め、その後、ハーバード大学医学部の教授を務めました。現在は、故郷であるバッファロー地区に戻っています。

Brianさんは、アマースト地区で、一般精神医学と司法精神医学に特化したクリニックを
37年間経営しています。

Brianさんが取り組む、兵士に対する治療は、トラウマによるストレスに光を当て、そして、軍に所属している意識をポジティブに変化させるものでした。

Brianさんは、最後にこのように話します。
「私の治療対象には、自分も含まれていると感じています。戦争の記憶は、それほどに凄まじいものです。いまだに、ベトナム戦争を題材にした映画を見ると、涙が止まらなくなります」

高額な最先端機器は病院に必要なのだろうか?

病院は、高価な医療機器を購入するために、数千億を費やしてきました。しかし、一方で、その機器を扱える人的資源の投資が十分に為されていません。

様々な資金源にアクセスできるようになった現代の医療施設は、ロボット、磁気共鳴イメージング(MRI)、呼吸器などの、高度な技術と最新設備を備えています。

ビン・ダン病院は、2016年後半に、米国で行われた、ダヴィンチのロボット手術システムを、HCMC当局からの優遇借入金と合わせて、710億バーツで買収しました。チョーレイ病院も先月同じシステムを購入しています。

ビン・ダン病院よると、10月末までに、231件のロボット手術が実施されていると発表されています。そのロボットを使用できるようにするために、14の外科医チームが、海外研修コースに派遣され、国際基準を満たしていると認められています。

ロボットアームは、外科医が、困難な箇所に治療を行う時に、その位置を的確に把握する助けをします。多くの病院が、この手術用腹腔鏡手術システムを購入したいと考えています。しかし、医療機器は非常に高額で、ロボットの手術コストは、通常​​の手術よりも5〜10倍高くなる場合もあります。

HCMC医療機器協会のTruong Hung副議長は、こう話します。
「多くの病院が、医療機器に何十億も費やす必要性があると感じています。一方で、その最先端機器を十分に扱える資格のある医療従事者が少ないのも事実です。非常に高価な呼吸器や、多機能のモニタリング機器が使用されていても、医療従事者は、機能の使用法に関する訓練を受けていないため、一部の機能しか使えていない現状があります」

Exson Clinicのディレクターである Vo Xuan Sonさんは、このように話します。
「病院に、最先端の医療機器の導入は必要だと感じていますが、機器に対する、合理的な投資とは、その機器の機能を完全に利用して、効果を得ることであると考えています。そもそも、全ての病院に機器が必要なわけではありません。例えば、外科医は常にロボットを使用するわけではありません。特定のケースに限って、ロボットの助けを必要とします。では、そのロボットの助けが必要になるような、重大なケースを抱える患者数は何人いるのでしょうか?全体の割合で考えれば、それほど多くはありません。しかも、その高額な手術の費用を払える国民で絞ると、かなり少なくなります。それは先進国であっても同じです」

Vo Xuan Sonさんが話す内容と同じ意見を多くの専門家が述べています。その結果、病院の予算が限られている場合、高価な機器ではなく、それ以外のアイテムに資金を費やすべきだという意見が多く挙がっています。

機器の代わりに挙げられているのが、感染症に関する対策費用です。感染症管理に関する最近のワークショップで、保健省のHoang Van Thanhさんは、院内感染で、毎年多くの人々が亡くなっていると話しました。 ほとんどの病院で、感染制御システムが確立されていますが、適切に監視できていない現状があります。

ベトナムの保険でカバーされない早期癌検査

早期癌検査に保険が適用されないため、ベトナムでは、癌による死亡率が高くなっていると専門家の中では言われています。先週末に開催された国際会議では、ベトナムの癌患者の70%が、末期の状態で癌細胞が発見され、高額な費用とともに、大規模な手術を必要として
いると発表されました。毎年12,6000以上の癌が発見され、94,000人が癌によって死亡しています。

ハノイの保健省とK病院が共同で開催した「癌対策:現状と解決策」には、国内外の医療専門家が多く集まりました。保健省のLe Quang Cuong教授は、世界中の国々、特に貧困国や低所得国や中所得国の発展途上国では、癌が重い負担になっていると説明しました。

ハノイのK病院のTran Van Thuan教授は、癌治療の専門性については、次のように述べています。「癌は、早ければ早いほど、治療が簡単になります。 後期〜末期の摘出は、長い治療期間を必要とするし、効果もあまり期待できません。ベトナムの癌治療率が先進国と比較して低い主な理由は、早期発見が出来ていないからだと考えています」

遅すぎた事例は、下記の証言の通り、ベトナム国内で多く発生している現状があります。

ハノイのプク・トゥー地区に暮らす、Nguyen Thi Dさん(50)は、こう話します。
「ある日、夫から右の助骨が痛むと聞いて、一緒に病院に行きました。その後、医師から、夫が、すでに末期の肝臓癌であると知らされました。懸命に治療を受けたものの、わずか6ヵ月後に亡くなってしまいました」

首都に住む、Phan Thi L (56歳)さんは、こう話します。
「止まらない咳を止めるために、夫は、抗生物質を長期間服用していました。ある日、ひどい胸痛を感じ、検査のために病院に行きました。医師から、彼が末期の肺がんであると伝えられました。 癌を摘出する手術をしましたが、その6ヵ月後に亡くなりました」

愛する人が、癌になったという知らせを聞けば、精神的ショックは計り知れないものになります。そして、どの治療法を選択しても、命を救えないかもしれないという事実は、さらに現実を厳しいものにします。

Nguyen Thi Dさんは、夫の死をこのように語ります。
「夫が長く生きられないことは、医師から告げられた時に理解していました。それでも、私は彼の治療を諦めることができませんでした。医療費は、とても高額で、家族みんなで支払いました。夫の最期は、とても苦しく、痛みの中で亡くなっていきました。この事実は、私にとっても、世界中の遺族にとっても、看病する人にとっても、悪夢なのです。癌には、当事者の痛みだけではなく、高額な治療とその治療が効果を発揮しない悲惨な現実があります」

Tran Van Thuan准教授は、ほとんどの癌は、早期発見されれば、完全に治癒する可能性があると指摘しています。例えば、乳がんが、早期の段階で検出された場合、成功率は95%、第2段階では、70〜75%、第3段階は、65%、第4段階では、わずか5%になります。

Tran Van Thuan准教授は、このように話します。
「最大の問題は、癌検診が早期発見に繋がるにも関わらず、医療保険の対象にならないということです。乳がん、子宮頸がん、肝がん、胃腸がんなどの癌検診に、保険が適用されることを期待しています。早期検診が全国的に実施されれば、早期発見率とがん治癒率を高めることができるはずです。10年間の国家戦略には、癌検診が保険適用範囲であるという記載がありません。この戦略では、2025年までに、地方と都市の政府機関が、抗癌プログラムを実施するために、国の資金を使用することが想定されています。検診は含まれていない状態ではありますが、一部に効果を発揮することは確かです。戦略が実施されることで、成人の70%が、癌という病気とその影響を理解することを助け、成人喫煙率も30%削減し、青少年の喫煙率も、3.6%に減らすことが掲げられています。 成人のアルコール消費量も、10%減少する目標が掲げられています。2025年までには、特定の癌の早期発見が、40%に上昇することも記載されているので、今後の国の政策に期待をするばかりです」