「ベトナム就職」タグアーカイブ

海外で仕事を見つける方法

あなたが「海外で働くこと」に夢を持っているなら、理想だけではなく、現実の問題にも対処するべきです。最も重要なのは、仕事を探すことです。 ウェブ上には「役に立つ」記事がたくさんあります。パスポート、ビザ、経済面の問題などに焦点が当てられて、記事が書かれています。これらの情報は、すでに手に入れていると思うので、別の国の仕事を見つけることに重点を置いて、役立つ情報を掲載していきたいと思います。

成功はコミュニケーションから
あなたが、どこに行くのか、そこで何をしたいのか、なるべく多くの人に知らせるようにしてください。そのために、ソーシャルメディアのグループに積極的に参加してください。自分自身を素晴らしい形で紹介して、人とつながり、友人をつくってください。怪しい人とは繋がる必要はありません。役立つオンラインツールは、Facebook、LinkedIn、Twitterなどがあります。きちんと探せば、善良で有益な情報があふれています。あなたの人生を変える人、情報がきっと存在します。注意深くスクロールして、自分に合った情報を見つけてみてください。

選択肢を知り、積極的に行動する
求人募集を待つだけではなく、自分から積極的に活動しましょう。行き先の国の新しい情報に常にアンテナを巡らせてください。Googleで会社を調べてもいいし、直接、連絡をとってもいいでしょう。数百人の人々が、あなたと同じように仕事を探しています。自分の性格や魅力を詰め込んだ手紙を書いて、どんどん送りましょう。見つけられる範囲のすべてのHR /キャリア部門にメールで、自分のスキルを紹介し、仕事の空きがあるかどうかを尋ねることも、良い方法です。
もう一つの選択肢は、交換プログラムを提供する企業を探すことです。海外で自分の仕事を探すのも冒険の1つですが、プログラムを利用すれば、さらに視野の広い冒険を楽しむことができます。到着したけど、仕事が見つからない、お金もないという危機的状況を避けることもできます。プロに仕事を探してもらうことで、事前に選べる選択肢も広がります。
そういったプロを探す方法としてはGoole検索で「国名」+「転職エージェント」で調べると良いでしょう。もしベトナムであればキャリアリンクベトナムが無難だと思います。

渡航先の国の情報をきちんと調べて、必要な準備を欠かさずにしましょう。VISAを確保したり、自分の限界(資格、文化、性別)を理解することで、的を得た情報を得て、準備することができます。過度の期待による失望も無くなるかもしれません。

履歴書とカバーレターについて
インターネットが発展した現代では、どこにいても、仕事を得ることができます。雇用市場の競争は激しくなっています。競争に生き残るために、自分のCVの内容を充実させましょう。独自のスキルを紹介して、業界固有のキーワードを豊富に盛り込みましょう。また、その国の履歴書やカバーレターのルールを知りましょう。例えば、イギリスでは、平等法によって、雇用主は、CVの個人情報をあまり見ません。生年月日、写真、国籍を記入する欄がない場合があります。一方、ヨーロッパ全体では、これらの情報が生きる場合もあります。雇用主があなたを知れば知るほど、彼らが接触する可能性も高くなります。

あなたという候補者を面接するかどうかを決めるツールになるので、カバーレターは、成功への第一歩になります。履歴書とカバーレターが、完璧かどうか確かめるために、多くの時間を費やす価値はあります。送付状やオンライン申請書でも、同じです。どこから始めるべきか分からない場合は、履歴書やカバーレターの専門家を利用しましょう。グーグル検索を最大限活用する方法もオススメです。

面接の約束を手に入れることができたら、次に何をすべきか?
現在、Skypeやハングアウトを使って、面接する会社もあります。その際は、適切な服を着て、部屋をきちんと整理整頓して、家に1人の時間を確保してください。雇用主は、あなただけを見るだけでなく、あなたの家も評価対象に入るかもしれません。自宅で1人の時間が確保できない場合は、WiFi付きの静かなコーヒーショップを選択してください。あなたが外国企業と面接する場合、その評価は、あなたの言語力だけではありません。あなたの意見や感情を表現することは、重要なポイントになります。面接に挑む前に、文化の違いについて知っておきましょう。例えば、UAEの国の会社と面接する場合は、自分に期待される服と態度(特に女性は注意)について知っておく必要があります。

母国語で面接を行う場合もあると思います。面接の会話が英語であっても、言葉は注意して使いましょう。 英語は、世界で最もメジャーな言語ですが、スラング(または非公式英語)が、日常的に使用されている場合があります。ビジネスの中で使用するべき単語、その国で使用するべき単語を知っておきましょう。英語がネイティブだからという理由で、その国で適切な英語が話せるわけではありません。もし言葉を間違えてしまったと感じた場合は、丁寧に言い直すことを心がけてください。

実際に世界に飛び出して、自分の可能性を見つけましょう。旅行のスケジュールを立てて、早速準備をしてください。 就職機会を見つけて、履歴書を提出し、面接を受けましょう。契約内容や仕事の内容をきちんと吟味して、自分に合った仕事を見つけてください。

ベトナムで外国人として仕事を探す方法

ベトナムは、東南アジアに位置する国で、公用語はベトナム語です。ベトナムで「外国人」としての雇用機会を探す時に役立つ資料を紹介します。

仕事探しに役立つサイトとツール
以下の全てのサイトを使ってみて、自分に合ったメールやアプリケーションツールを活用してみてください。

・ジョブストリート: 1995年から歴史を持つ、アジアの主要なジョブウェブサイトで日系企業の求人よりもベトナムや日系企業以外の仕事を探すのであれば良いと思います。英語がビジネスレベル以上で使えないと仕事はありません。
・キャリアリンクベトナム: 仕事の募集数の多さが特徴です。日系求人情報サイトなので、唯一日本語で仕事を探せるので日本人にとっては非常に使いやすいです。また日系企業が多いので英語に自信がなくても日本語がネイティブレベル以上であれば仕事を見つけることが出来ます。
・ラオドン: Lao Dongグループが運営しています。
・キャリアジェット: 多様な検索オプションが特徴です。

英語や日本語を教えるという選択肢
英語のネイティブスピーカーや日本語教師の資格があれば、英語や日本語を教えることも、ベトナムで働く選択肢の1つになります。 下記のサイトでは、英語教師や日本語教師に関連する仕事が掲載されています。

ESLエンプロイメント:英語教師の求人件数が最も多いサイトです。
トータルESL:更新がとても早く、最新の英語教師の募集情報を手に入れることができます。
ESLカフェ:ベトナムに限らず、世界中の英語教師の情報が載っています。
キャリアリンクベトナム:英語教師の情報はないですが、日本語教師の情報であれば数ある求人情報と一緒に掲載されています。

これらの情報を生かして、ぜひベトナムで働いてみてください。