「ベトナム」タグアーカイブ

「ベトナムに住む」ということ

ベトナムに住めば、アジアの真髄を味わうことができるでしょう。ベトナム経済は、戦争経験後、目覚ましく発展しています。かつての戦争と貧困のイメージが強い国ですが、今日では、観光地として人気が高まっていて、美しい田園地帯やビーチが人気を集めています。
ベトナムは、約329,500平方キロメートルの比較的小さな国です。国内には、54の異なる民族が住んでいます。この民族の中で、最も多いのは、全人口の86%を占めるキン族(純血ベトナム人)です。 国内は58の州に分かれていて、5つの地方自治体が存在します(ハノイ、ハイフォン、ダナン、ホーチミン市、カントー)

近年、海外からの人気も高まっていて、外国人が生活しており、働くための安全な国として知られています。比較的気候も穏やかで温暖、生活費も安く、活発な文化が人気を集めています。そして、インフラ整備も進んでいます。これらの長所と比較して、もちろん短所もあります。外国人から指摘される短所のトップは、公害です。汚染された煙の吸入を防ぐために、道路では、マスクを着用して暮らさなければなりません。そして、その原因となっている交通状況も指摘されています。大量の車とバイクで常に渋滞する交通網は、全世界で最も高い道路致死率を発生させています。

生活費は比較的低く、適度な支出で、非常に快適な生活を送ることができます。主要都市の高級アパートから郊外の控えめな住宅まで、予算に合わせて、様々な宿泊施設があります。

地元のバーやレストランでは、非常に低価格で食べることができます。西洋バーやレストランは、価格が高く設定されています。つまり、ビールとスピリッツはとても安いのですが、ワインはとても高価になっています。

ベトナム移住ガイドには、食、交通、学校と教育、その他の生活面の包括的なリストが掲載されています。言語は、ベトナム語(公用語)、英語(第二言語としての利用が増えている)、フランス語、中国語、クメール語などがあります。

気候は、南部の大部分が熱帯性気候で、北部はモンスーンがあります。

非営利の国際開発事業に関連する分野では、外国人の雇用機会が増えています。日本人の雇用に関してはキャリアリンクベトナムなどに掲載されています。ほとんどの仕事が、管理者を募集しています。

外国人は、ベトナムの運転免許証なしで、ベトナムで車を借りたり、運転することはできませんが、50ccまでのオートバイは、運転することができます。日本は問題ないですが一部の国は、ベトナムへの入国許可を受けていないので、自分の国がリストに当てはまるか、確認してみてください。

ベトナムの就労許可を申請する方法

The Department of Labor, Invalid and Societyは、ベトナムにおける、外国人に対する、労働許可を発行する権限を持つ、唯一の機関です。 就労許可の有効期間は、36ヶ月(3年)に定められています。有効期限後は、更新のために、再申請する必要があります。

以下は、就労許可取得に関連する、よくある質問とその回答です。

-ベトナムで働く許可を申請するにはどうすればいいですか?

1. 必要書類

就労許可書
(新しい書式は2014年4月に発行されています。雇用主が準備する必要があります)

健康診断書

無犯罪証明書(180日以内に発行したもの)
申請者は、ベトナムに6ヶ月以上滞在した場合、ベトナムの犯罪記録と母国の犯罪記録の両方を提供する必要があります。

学位(大学以上)

以前の雇用主からの職歴確認書

パスポート(コピー)。

外国人労働者を雇用するための委員会からの承認書

雇用主の事業証明書

パスポートサイズの写真(2枚)

手続きに要する時間 40営業日

2. ベトナムで働く条件

下記の条件のいずれかに当てはまること

勤務期間 3ヶ月未満
1人以上のメンバーを含む有限会社のメンバー
ベトナムの有限責任会社の所有者
株式会社のBODメンバー。
ベトナムの外国企業のサービス営業活動を行っている者
法務省が発行した法律の練習免許を持つ外国弁護士

3. 雇用者の名前を職務許可に変更する場合、何が必要ですか?

職務権限で雇用者名を変更することができます。

ケース1:以前の会社と同じタイトルを持っている場合
労働許可書
(以前の雇用者の確認は、国側が確認するので、本人はサインするだけです)
新しい雇用者のビジネス登録証明書のコピー(公証)
あなたのパスポート。
あなたの写真 4枚(3x4cmサイズ)

ケース2:新しい会社で異なる役職を持っている場合
労働許可書
(以前の雇用者の確認は、国側が確認するので、本人はサインするだけです)
新しい雇用者のビジネス登録証明書のコピー(公証)。
あなたのパスポート。
あなたの写真 4枚(3x4cmサイズ)。
あなたの学位。
健康証明書

4. ベトナムでサービス販売活動を行う際に、必要なこと

外国人がサービス営業活動のためにベトナムに来る場合、名前、生年月日、国籍、パスポート番号、ベトナムでの労働時間、ベトナムでの事業活動の詳細などを、文書で報告する必要があります。到着する7営業日前に、FAX、郵便などで、必ず伝えてください。

例えば、外国人が2013年5月16日から、ハノイで、自社のサービスの営業活動を行う場合、2013年5月7日までに、報告書が送付されている必要があります。

ベトナムにおけるインターナショナルインターンシップ

配置場所:ハノイ
役割:病院内の様々な部門のスタッフと一緒に作業をする
必要条件:最低限1年間の医学関連の研究の完了
プレースメントのタイプ:病院
宿泊施設:ホストファミリーまたはアパート
配置期間:2週間〜
開始日:フレキシブル

Projects Abroadでは、ベトナムにおける、看護インターンシップを提供しています。看護師が、職務経験を得て、医学知識を広げることを目的にしています。このプロジェクトのインターンでは、ベトナム ハノイの都市病院で働く予定担っています。 ベトナムでどのように患者の支援が行われているか、直接的に把握することができます。

ベトナムにおける看護インターンシップを提供する(外部リンク):Projects Abroad

看護インターンは、小児科、整形外科、泌尿器科など、様々な部門から選択することができます。これらの部署は、設備が整っていて、カナダの病院の標準に近い環境が整備されています。

ベトナムの看護師として活躍する外国人インターン

インターンは、手術のために器具を準備し、手術室に患者を移し、手術後に患者を観察し、ケアすることが求められています。そして、少なくとも1年間の医学関連の研究を修了していなければなりません。現地の病院で、仲間の看護師と良好な関係を築くことで、インターンシップを最大限に活用することができると考えています。 地元のスタッフも一緒に英語を練習することを熱望しているので、英語のレッスンを行うことも、地元のスタッフにとっては、とても有意義な時間になります。

勤務時間は、月曜日から金曜日の午前8時から午後4時30分まで。他のProject Abroadボランティアと共同で宿泊します。自由な時間に、ハノイを探索し、他のボランティアと一緒に周辺を散策することもできます。

ベトナムでは、様々な職業療法もあります。 作業療法を行う人材を必要としている、ハノイの子供病院で働くこともできます。 また、フレンドシップビレッジで働いて、ベトナム戦争が原因で、障害のある子どもや大人をケアすることもできます。

ベトナム保健省が幼児の死亡率を調査

保健省が、バク・ニン州北部のバク・ニン病院の乳児死亡について調査を進めています。Vi Thi Phuongちゃん、Vu Dinh Coちゃん、Nguyen Ha Viちゃん、Vu Hai Dangちゃん、4名の乳児が相次いで死亡しています。法医学医による調査では、乳児が敗血症ショックで死亡したことが伝えられました。同省の健康検査・治療部長であるLuong Ngoc Khue氏が率いる代表団は、病院の代表者と面会し、当日の乳児のケアを担当したチームの活動を中断させています。

病院の報告によると、調査対象である4名の乳児は、妊娠30〜34週の早期期間に生まれていて、 生後4〜8日の間に、必要なケアと治療を施したと伝えられています。 しかし、4名の中で、最も重い乳児でも、出生時わずか2.3kgの体重しかなく、最小の体重はわずか1.6kgだったと報告されています。

院長のLe Van Nam氏は、4人の乳児に使用された、薬と器具の院内使用を直ちに中止し、関連する全ての環境の徹底的なチェックを行っています。院内では、現在、80人の乳児を含む、合計700人の患者が治療を受けていて、早産児の20人は、呼吸器でサポートされながら、治療を受けています。会見後、病院は、未熟児の13名を、ハノイのベトナム国立小児病院とバッハ・マイ病院に移しています。

しかし、先週、生後2ヵ月の乳児が、抗生物質を服用した後に死亡したとも伝えられています。

ベトナムの未熟児の医療は、進歩を遂げていて、妊娠26週と500g未満の時期に、早産として生まれた乳児への対策が徐々に進められている段階ですが、上記のような相次ぐ乳児の死亡を防ぐためにも、早期の対策が望まれています。

若手の理学療法士がベトナム訪問で得たもの2

参加したSarah Bradyさんは、特に記憶に残った患者について、このように話します。
「ある患者の膝の中に、手榴弾の破片がありました。これはどうしたのかと聞くと、アメリカ軍によるものだと答えました。それ以来、ずっとこの怪我を負っていると話しました。私は、治療を行なっていた手を、つい止めてしまいました。当初、彼女は、アメリカ人である私を信頼していませんでした。長い間向き合うことで、彼女は、私たちの手によって、その破片が取り出されることに対して、ポジティブな感情を持ってくれるようになりました」

教授と生徒たちは、期間中、地雷による長期的な怪我を負っている患者の多くに出会いました。
参加した学生の1人であるKeren Pintoさんは、特に難しかった症例をこう話します。
「最初の患者は、9階から転落した男性でした。彼は、外傷性脳損傷を受けていて、 私が見た中で、最も難しい症例でした。現地のスタッフと学生たちに、 脳卒中、外傷性脳損傷、および筋骨格損傷のリハビリを教えました。現地のスタッフたちは、患者を評価することをしていませんでした。私たちアメリカでは、リハビリの成果や結果で、患者に評価を行うようにしています。こうした違いも、彼らの学びになったのではと感じています」

リハビリトレーニングは、反復的に患者が行えるように、通常の生活に戻れるように、メニューが設定されます。患者は、朝8時から夕方4時まで、休憩を取りながら、リハビリに取り組みます。運動マシンを利用したり、障害物のある道を歩いたり、体の耐久性を強化するトレーニングをしたり、個人に合ったメニューが組まれます。

参加した生徒のSarah Bradyさんは、現地のリハビリに関して、このように説明します。
「患者の回復は、とても遅い場合があります。それでも、ルーティーンのように、反復的に毎日行うことが大切です。患者は病院に住んでいるので、新しい方法で治療することにハードルを感じやすい点があります。 言語の壁も、時には障害になりました。その中で、私たちは諦めずに、日々患者と向き合いました。私自身も、患者さんや現地のスタッフから、多くを学びました」

生徒たちは、この旅行で、さらなる技術と新しい視点を得ています。 Sarah Bradyさんは、旅について、このように感想を述べています。

「ある女性が、私を訪ねてくれました。その時の会話は、彼女の夫が通訳してくれていました。彼女は、私に、本当に助けてくれてありがとうと伝えてくれました。他の人に、その治療法は役に立たないと言われながら、彼女は私を信じて、治療を続けてくれていました。もっと彼女を理解してあげたいとも感じたし、こんな風に誰かの助けになれたことを、とても嬉しく思いました」

Beling教授は、Sarahさんが行った治療をこのように説明します。
「Sarahは、彼女にカッピングを勧めていました。私たちだけが治療をするのではなく、患者自身がどのようにセルフケアできるのかを踏まえて、常に治療を考えています。カッピングは、私たち西洋の治療方法ではありませんが、その方法が患者を助け、そして副作用を生まない安全な方法だと感じ、Sarahは治療に組み入れました。この行動自体が、Sarah自身、挑戦だったかもしれないし、それでも、結果的に、患者にとって良い治療こそが、私たちの考える理想の治療だと思っています」

Sarahには夢があります。将来、アスリートを支えるような理学療法士になることです。そして、Kerenにも夢があります。外来整形外科で働き、老化に関係する医学について、研究したいと考えています。

帰国したKerenは、学生仲間とともに、ラスベガスで開催された、全国理学療法学会で、自身の体験を発表しました。 Sarahは、American Physical Therapy Association(APTA)の出版物であるPulseの4月号にインタビューを受けています。

次の旅に参加する学生グループは、第1回博士課程の学生で、UCアーバインのバイオメディカルエンジニアである、David Reinkensmeyer博士と協力して、博士研究を行い、 慢性脳卒中を有する途上国の人々のための、共振アームデバイスを開発しています。